おとうちゃんは京男!

地元京都を愛する夫(おとうちゃん)を中心とした日々の家族日記♪

京男と食文化①

f:id:suzumushi23:20160411230128j:image

カレーライスは代表的な家庭の味なのだと思います。

子供の頃、友達の家でいただいたカレーには玉ねぎがまるごと

入っていたり、お洒落な魚介カレーだったりした思い出があります。

かく言う私の家でも、肉が苦手な母親だったので野菜のみだったり

かろうじてソーセージカレーだったりしました。

 

結婚して、お肉大好きな夫のためにしっかりと肉の入ったカレーを作ろう!

と張り切った際に異文化が発覚。

夫「肉じゃないよ~」

私「?」

なんでも「肉」と言ったら普通は牛肉の事を指すそうで。

(豚肉なら豚肉と言うそう。こっちの感覚でいうと少しややこしや)

 

地域によって使うお肉は違うのか?調べてみると

西日本は松阪牛、神戸牛などのブランド牛が多いので牛肉が親しまれている。

東日本は、寒さが結構厳しいので脂肪分の豊富な豚肉が好まれる。

中間の愛知県のあたりは半々。

 

・・・とかなんとか。

え、茨城にも常陸牛とかいますよ?

関西だって冬は寒くない?とか色々考えてしまいました。

(ちなみにバラ肉など部位の好みは地域というより家庭によるそうです)

 

これは牛肉VS豚肉の世界かと思いきや、

地域によっては鶏肉、牛すじ、タコなど本当に多彩のよう。

確かにお店だと全部あったりしますよね。

うちでもチキンカレーは母もたまに作っていたような・・・。

 

我が家ではその後も豚肉の方が安ければそちらを買うし

野菜が余っていたら全部入れるしと

おとうちゃんの言う「カレーライス」には特にこだわらず

適当に作っています。

やっぱり簡単に作れて笑顔で食べられるのが一番ですよね♪

(決して手抜きじゃないです)

広告を非表示にする