おとうちゃんは京男!

地元京都を愛する夫(おとうちゃん)を中心とした日々の家族日記♪

娘と女神様

 f:id:suzumushi23:20160420181020j:image

京都駅からも歩いて行ける距離に、市比賣神社(いちひめじんじゃ)というとても由緒ある神社があります。

祭神は全て女神様をお祀りしているところから女性の守り神とされ、

良縁・子授け等、女性全ての願いにご利益があるとされています。

 

御所の方向である北向きに立ち、皇子・皇女の産湯に用いられたという

湧き水「天之真名井(あめのまない)」の井戸があります。

(その水を飲むと一つだけ願いがかなうとか。)

------------------------------------------------------------------------------------

行ったのは確かちょうど2年前のゴールデンウィークです。

観光ガイドブックに写真があった「姫みくじ」が可愛いというだけで出かけて行きました。

 

境内にはたくさんの女性がおり・・・というかその時間帯に男は夫一人だったので

申し訳ない気持ちも少しばかり芽生えつつ、お参りして姫みくじ(しかも大吉)ゲット!

ただこのおみくじ、読後に誤って人形の奥に押し込んでしまい、未だに取り出せず。

 

そういえば、ご利益なのか参拝が4月で娘がお腹にいるのがわかったのが7月でした。

このタイミングで嬉しい出来事があったのは意味がある事なのかもしれません。

なぜならその頃、ある人に悩んでいたから。

 

周りからかなり人気のある、とても魅力的な方です。(魅力子さんとしましょう)

ただ私がある事をきっかけにその魅力的な部分に違和感を感じ、1人でモヤモヤしていました。

(まあ、今ではだいぶ吹っ切れております!)

 

話はそれましたが、その時の姫みくじは今も我が家のリビングに飾ってあります。

最近伝い歩きがスムーズになった娘が持ち出すのでより高い場所に移動しました。

 

一身に姫みくじを求める娘には、見えない力によってなにか女性としての心理が

働いているのかも知れません♪

(いや、近くにあるウサギさんや積み木にも同じ態度か笑)

広告を非表示にする