おとうちゃんは京男!

地元京都を愛する夫(おとうちゃん)を中心とした日々の家族日記♪

はじめての七回忌~マナーとゆるゆる実家~

 f:id:suzumushi23:20160602165717j:image

来月、祖母の七回忌があります。

 

初めてのことなのでどんな感じで出席すれば良いの?と思い

少しですが周囲へのリサーチやネット、書籍で作法を調べてみました。

(地域、宗教等で違いがあると思いますのでご了承ください)

 

まず[七回忌]とは 満6年目の命日です。

(一周忌のみ、亡くなってから満一年目に行ないますが、それ以降の法要は満年数から一年引いた年数で行ないます)

香典袋は黄白・双銀・黒白の水引きのいずれか。表書きは「御仏前」「御香料」「御供花料」など。品物の場合は「御供」と記します。

名前は夫の氏名だけで良いのですが、夫婦で記入する場合は左に妻の名を書きます。

文字を記入する際は黒墨を用いるようです。(薄墨は四十九日まで)

金額は、一桁の場合9以外の奇数( 1、3、5、7 )数字にします。

が、2万円はOKだそう。(※新札は「不幸に備えていました!」という意味で失礼なので使用しないほうが良い。)

 

次に服装は礼服か、それ以外でも地味な色の平服を着用していれば良いそうです。

(しかし周囲の女性陣にリサーチした結果、礼服が無難という意見が多数でした)

 

ここまで調べて

『なるほど、ではマナーに従って参加してこよう!』と決意したところに母から電話が。

 

母『もしもし鈴?来月の法要ね、10時に集合してお寺に行ってから会食して解散ね』

私『分かった!礼服で参加するわ!会食が有るなら香典も多めに包む!』

母『え?普段着で良いよ。会食って言っても伯母さん家に集まって食べるだけだし』

私『そ、そう?でも礼服が無難だって・・・』

母『少人数だし、そんなかしこまらなくていいよ。香典も別にいらないし。あ、小さい子達もたくさん来るから駅前でケーキ買ってきてよ♪』

私『え・・・分かった、買っていくよ』

母『ありがとう!じゃ、またメールでもするから!じゃーねー』

 

なんだか・・・ただのゆるい親戚の集まりのような気が・・・。

 

いやいや!

しっかり準備してちゃんと参加してきますよ!(ケーキの種類も考えないと^^;)

広告を非表示にする